Drive Skate ParkでLAKAIのスリッポンを購入

本日は、朝から微妙な天気。小学校の授業が終わり、Drive Skate Parkに向かうころには快晴。

Drive Skate Parkまでは、高速道路を使用して約40分。いつものように、小学校で存分に遊んだ桜ちゃんは、睡眠モード。小学校1年生なのに、3年生並みの体を持っていますが、やっぱりまだまだ幼いですね。

私も睡魔に襲われつつ、コーヒーを飲み、BlackBlackガムを噛み、なんとか無事Drive Skate Parkに到着。到着するやいなや、目を覚ます桜ちゃん。まだまだ眠たそうで、「宿題して、しばらく休んでる~♪」と、なかなか賢い桜ちゃん。

今日は、お客さんが少なく、この時点では男の子一人とお父さんがベンチで座ってみているだけ。このお父さんとはココDrive Skate Parkで知り合い、スノーボードもするということなので、ウィンターシーズンは高鷲スノーパークに一緒に行く約束をしました。ちなみに、このお父さん、ボディビルダーで、平昌オリンピック・ハーフパイプ銀メダリスト「平野歩夢」選手のお父様と同級生だそうです。

残念ながら、お父さんはスケートボードはしませんが、息子さんには熱心で、いろいろなスケートボードパークに行っていて、良い情報をたくさん教えてくれます。羨ましいことに、Drive Skate Parkまで車で5分のところに住んでいるそうで、いつも息子さんと自転車でやってきます。私もこの近辺に引っ越したいと思い、ネットで物件を探しているのですが、気に入った物件はすべてSold Out…。

さて、本題のスケートボードですが、ロープなしですべての技に挑戦し、問題なく成功していました。まあ、普段からそれほどロープに頼っていないので、できて当たり前ですが。

新技の習得として「ブラント」に挑戦し始めた桜ちゃん。1発目でストールの形にはなったものの、降りることが難しいようです。ストールの形になったら、左手でノーズをつかみ、手前に引っ張りながら、右足は軽くホップ…言うのは簡単ですが、かなり難しい…。

残念ながら、今日はブラントから降りることはできませんでしたが、ストールまでは完璧になり、ロープ補助もなしでできています。

フロントサイドアクスルストールにもチャレンジしていましたが、やっぱりこちらも降りられない。私は、フェイキーフロントサイドアクスルストールのストールまでがなぜかできるのですが(バックサイドが下手なのに)、やっぱり降りられない。1度成功したけどそれ以外はどうやって降りて良いのか分からない。背をボトムに向けているので、かなりの恐怖です。

私は、バックサイドアクスルストールが下手です。そもそも、パンピングが下手なのかもしれません。だって、動きは分かっているし、ミニランプの形状によってはできますが、通常の形のミニランプではスピードが足りません。コーピングまで届かない。上手いスケーターを見ていても、それほどパンピングしているようには見えません。というか、私よりはるかに細身。スケートボードで背が高く、ガタイが良い人ってほとんどいませんよね。スケートボードが上手くなるには、やっぱりダイエットは必要!!