全天候型のスケートボードパーク”Hunter Point”でボウルを極める!!

Hunter Pointは、完全室内の全天候型スケートボードパーク。雨だろうが、台風だろうが楽しめるのは嬉しい限りです。

メインになるのは”ボウル”で、ここまで大きいボウルが室内に設置されているのは珍しいです。少なくとも、我が家から1時間以内のスケートボードパークでは一番大きいボウルです。

Hunter Pointの詳細

Hunter Pointのパーク情報
住所 〒458-0915 愛知県名古屋市緑区野末町808
電話 052-622-5838
営業時間 11:00~22:00
定休日 水曜日
料金
30分 300円
1時間 500円
2時間 800円
1日 1000円
延長 15分/100円
その他 ボウル 深さ1400mm~1700mm 2500R
ミニランプ大 高さ1100mm 幅3600mm 2200R
ミニランプ小 高さ800mm 幅2400mm 2200R
ヘルメット(200円)、ニーパッド(100円)、エルボーパッド(100円)、リストガード(100円)、スケートボード(200円)

東海最大級のボウルが設置されている!!

Hunter Pointの一番の売りは「ボウル」。2019年4月にオープンした”松阪総合運動公園スケートボードパークのボウルもなかなかの大きさですが、パッと見、ここHunter Pointのボウルの方が大きく見えます。しかも、滑走面が板なので打撲のダメージが低いような…まくられた時、超痛かった。

ボウルの形状は

室内でボウルができるので全天候対応!!

なんといっても嬉しいのが、雨でも雷でも台風でも、「なんでもこいや~!!」の室内スケートパーク。これは非常に嬉しい!!いくらお財布に優しい”庄内緑地公園スケートパーク”でも、雨が降ったら滑れません。しかも、雨がやんでいても、滑走面が濡れているだけでダメです。

でもね、ココHunter Pointなら無問題!!営業時間中ならトルネードが発生していてもスケートボードを楽しめます♪ただ、夏場はすっごく暑いですけどね…。熱中症には気を付けましょう!!

ミニランプのコーピングが綺麗に施工されている!!

インターフェイキーでコーピングにカツンと当たっても、全く引っかからない!!桜ちゃんはどんなコーピングでもぜんぜん気にせずに楽しんでいますが、私のようなヘッポコスケーターには、コーピングが重要。引っかかるくらい出ていると、ガツッとなってまくられます…。そして、ケツに全体重がのしかかって、「まくられたスピード+私の全体重+α的な何か」という大ダメージを負ってしまいます。

あまりでっぱりがなく、板との隙間がないコーピングは大好き♪インターフェイキーをミスっても、フェイキーロックでも全く怖くない!!

別の視点から見てみると、優しいコーピングは上達への妨げになるかもしれません。スケートボードのコントロールが完璧なら、どんなコーピングにも対応できるはずです。優しいコーピングばかりで練習していると、失敗に気づかずに下手を固めるだけになるかも。

レベルに合わせたミニランプが2台設置されている!!

高さ800mmと高さ1100mmの2台のミニランプが設置されているので、自分のレベルに合わせた練習ができます。いずれのミニランプもRが2200で設計されているので、かなり優しい設計です。

ただ、800mmの方は若干幅が狭く、キックターンをミスったりするとちょっと怖い。欲を言うと、私のようなヘタレスケーターのために、天井からロープを垂らして欲しい。ロープを活用することはなくなってきましたが、”保険”のような感じで、精神的にとても安心感があります。

また、ドアが開いているときは外部から丸見え…。そんなに外を歩いている人はいないので、それほど気にはなりませんが、やっぱりズッコケているところはあまり見られたくない!!思いっきり営業マン風のオジサマに見られちゃいましたけど。

大きい方のミニランプは、小さい方のミニランプとは違い、両サイドが壁。幅も1メートル以上広く設計されているので、キックターンの練習にはもってこい!!ただ、柱が少し出っ張っているので、多少気になります。

上級スケーターから滑りを学べる!!

Hunter Pointは本格的なボウルがあるので、やっぱり上級スケーターが集まってきます。私のようなヘッポコスケーターではダメですが、才能もあり向上心旺盛な桜ちゃんにはとても刺激になります。上級スケーターが滑っている姿をじーっと見つめ、自分の滑りをレベルアップしていく桜ちゃん。他のスケーターの滑りを見るのも、必要な練習ですね。

私たちが行ったときは年配のスケーターが多く、皆さん礼儀正しく、のほほ~んとした雰囲気で、気楽にスケートボードを楽しむことができます。

平日の午前中は滑り放題!!

Hunter Pointの平日オープンの時間は、11:00。午後からオープンするスケートボードパークが多い中、午前中にオープンしてくれるスケートボードパークは嬉しいですね。だって、ほとんどの方々が仕事中だし、キッズは学校で勉強中。一人で黙々と練習することができちゃいます。張り合いはないですけど。

平日の月曜日に訪れ、オープン時間の11:00から18:00まで滑っていて、私と桜ちゃん以外のお客さんは、わずか3人。しかも、それぞれ時間がズレていたので、重なったのは1人づつ。私の情けない滑りを見られるのは恥ずかしいですが、満足できるほど滑ることができました。

オーナーさんの無料レッスンが受けられる!!

Hunter Pointでは月一のスケートボードレッスンがあります。でも、それ以外でもオーナーさん自らが教えてくれたりします。オーナーさんはスケートボードのプロではありませんが、スケートボード歴は長いのでかなり上手な方です。スケートボードパークのオーナーだから当たり前ですが。

桜ちゃんもボウルはほとんどしたことがないので、オーナーさんに教えていただきました。しっかりと教えてくれるので、15分くらいで桜ちゃんもコツを掴んでクルージングを楽しんでいました。

とても優しいオーナーさんなので、気後れせずにいろいろと聞いてみましょう。

桜ちゃんによるHunter Pointの評価

ココHunter Pointは桜ちゃんのお気に入りランキングのトップ3にランクインしました。”松阪総合運動公園スケートボードパーク”、”Drive Skate Park”、”Hunter Point”は、桜ちゃんにとっては最高のスケートボードパークで同1位。見事に、”ストリート・スタイル”、”ミニランプ”、”パーク・スタイル”と別れています。始めたばかりの桜ちゃんには、どれも楽しいようですね。

桜ちゃんがHunter Pointを好きな理由は、やっぱり”ボウル”ですね。最初はツルツル滑って転んでいたので、ブツブツ文句を言っていましたが、オーナーさんに教えてもらってからは、水を得た魚のようにスイスイと楽しそうに滑っていました。また、それほど深くないボウルなので圧迫感がなく、見晴らしが良いので恐怖感も少ないようです。実際、私が入ってみて思ったのは、松阪総合運動公園スケートボードパークのボウルよりも、はるかに安心感があるという感じ。やっぱり壁の高さと恐怖感は比例するものです。ボウル初心者は、Hunter Pointでガンガン練習するのがおすすめですね。