自家製ミニミニランプに挑戦

先日ミニミニランプをDIYしました。でも、4日経ち、いまだにチャレンジしていません。

本日は水曜日。Drive Skate ParkもHunter Pointも定休日です。しかも、桜ちゃんは学校の合唱団に参加しているので、帰りは16:00ころ。

ということで、近くの河川敷でミニミニランプに挑戦することにしました。

重い!!小学校1年生の桜ちゃんのヘルプはもちろんなく、私一人でミニミニランプを降ろします。重量は無問題ですが、持ちにくい…。強度を上げるために骨組みを多くしたのが失敗。費用がかかったとしても、骨組みの木材を強固なものにして、本数を減らすのが正解ですね。

早くミニミニランプで遊びたい桜ちゃん。私がモタモタしているうちに、プロテクターを付け、すでにウォーミングアップ中。

無事ミニミニランプの設置が終わり、まずは桜ちゃんの一本目。レギュラースタンスからのインターフェイキー。なんの問題もなく奇麗に決めて戻ってきます。2本目・3本目もインターフェイキー…、そうなんです、まだグーフィースタンスで上手にプッシュができない桜ちゃん。対面のミニミニランプが無い状態なので、インターフェイキー、ロックンロール、アクスルストールくらいしかできません。アクスルストールは100cmと狭いから怖いらしく、やりたがらないし…。

私も挑戦。体重75kgに4mmベニヤ3枚重ねが耐えられるのか、かなり不安でしたが全く問題無し。R面もDrive Skate Parkよりキツめに作ってあるので、難しいかなと思っていましたが、こちらも問題無し。でも、やはりアクスルストールをするには狭く感じますね。