2020.11.30 今シーズン、スノーボード第4日目 in スノーウェーブ・パーク白鳥高原

本日はスノーウェーブ・パーク白鳥高原でスノーボード。なぜなら、4メートル&5メートルのキッカーが設置されているから。

ネットで見た感じだと、人工雪のみでゲレンデ幅がかなり狭い。でも、人が少ない。桜ちゃんがキッカーを飛びたいということで決定。

雪が降り完全にシーズン・インすると、キッカーやジブが設置されるし、地形遊びができるので何度か行ったことがあるのですが、あまり人気がないですね。人が少く穴場です。

いつの道の駅で車中泊し、AM6:00に起床。近くのファミマで朝食を済ませ、ドライブすること30分。スノーウェーブ・パーク白鳥高原に到着。駐車場はガラガラです。朝7:00の時点で我々を入れて8台。良い感じですね。

昨日脱臼した左肩の痛みが増しましたが、滑るだけなら問題無し…。キッカーでBS360くらいしたかったけど、さすがに断念。1本だけ恐る恐るストレート・ジャンプはしました。

人が少ないので自分たちのペースで滑れるのがすごく良い‼️でも、本当に狭い。あと難点はゲレンデ下部…ゆるやかな上り傾斜になっているんです。かなりスピードを上げてその上り傾斜を越えないと、途中ハイクしないといけません。これが非常に面倒。また、ワックスの効き目が切れてくると、どうしようもないです。

”鬼滅の刃”のデザインの板に乗っていて、YouTubeでスキー場を紹介している人を見かけました。キッカーで360などしてました。かなり上手な方で、その日のMVP。

桜ちゃんは、キッカーでインディ、ミュート、メランコリー、メソッド、テールなど、ストレート・ジャンプでのグラブを練習。自然の地形では180を。

あとジャバラ・レールがあり、その練習も少し。何故塩ビ管にしないのか不思議ですが…。でも、地中に埋まっているので、転けたときの恐怖感はありません。他のスキー場でも、初心者向けに埋め込みタイプのレールを設置して欲しいですね。