2021.4.27桜ちゃんカムイみさかスキー場で初めての室内ハーフパイプ

パパが突然の休みをいただいたのでカムイみさかスキー場にやって来ました。

最初、白馬47に行こうかなと思いましたが、パパの肩の状態が良くないということで断念。

何よりハーフパイプの練習をすれば、スノーボードの動き全てが上達しますしね。

カムイみさかスキー場といえば、パパが20代のころ何度か通った所。非常に懐かしい。当時は、ハーフパイプの高さは低く、またボトムもかなり狭かった。隣には小さなキッカーがあり、ハーフパイプが混雑している時はよく飛んでいました。また、滑走距離もけっこうありました。

聞いた話では、現在は建物が移動して距離が短くなっているとか。また、ハーフパイプがメインとなりサイズアップしたそうで。

自宅から高速道路を使って3時間半。26日の夕方に出発して、双葉SAで車中泊。

カムイみさかスキー場は街に近く、10分以内にコンビニがあるから良いですね。

AM8:00に到着したのですが、ハイエースが1台のみ。パパが通った20年前なら、駐車スペースを探さないといけないくらい混雑していたのに…。

板の手入れ着替えをしているうちに、車が数台やってきました。その中に高鷲スノーパークでお世話になった先生が。当然ですが、桜ちゃんのレッスンをお願いしました。レッスン費+施設利用料で6800円。スノーボード でこれだけ安いのは、かなりお得です。しかも、しっかりとレッスンしていただけます。

前もって聞いていたものの、見てビックリ。本当にハーフパイプのみ。高さも4m近くあり、ボトムがある‼️以前はエアー → ランディング → 次の壁 という風でランディングを少しミスすると次が飛べなくなりシビアでした。

キッカーがなくなり、上にあった滑走エリアもなし、リフトもなし、ムービングベルトが反対側に移動…変わったなぁ。

昔はシャバ雪だった気がするけど、今はカチカチ。スノーヴァ羽島よりはマシだけど。

さすがにこの時期に練習しにくるだけであって、皆さんとてもお上手です。とてもじゃないですがパパの出る幕はありません。

桜ちゃん1本目。やはり硬いのが怖いのか、スピードが乗らずリップを抜けることができません。また、照明が暗いせいか圧迫感もあるようです。スーパーパイプより小さいから簡単ということはありませんね。

結局、最後までリップをぬけることができずに終了。