室内スノーボード練習施設スノーヴァ羽島の閉鎖について

2021年11月30日、室内スノーボード施設『スノーヴァ羽島』が閉鎖されます。

噂で聞いたところ、ここ最近は赤字続きで、営業を継続していくのが困難だとか。

たしかに、スノーボード人口は減少していますし、オフシーズンまでスノーボードをするという人は限られています。

スノーヴァ羽島の建設に5億円かかっていて、年間の収支計画が2億円だったらしいですが、毎日100人も来客していなさそうだから、かなり厳しいですね。

加えて、施設や機械も古くなっているから、それらの修繕にもお金が必要でしょう。

さらには、コロナの影響で…。

こんな状態では、経営を引き継ぎたい企業もないだろうなぁ。

自宅から車で25分だから重宝していたのに…。

何か良いアイデアはないものか…。たとえば、羽島市に頼み込んで、市に管理してもらうとか。

日本人が大活躍しているスポーツなんだから、もっと国をあげてサポートしてくれても良いのにね。