三重県桑名市の観光名所「七里の渡し」

本日訪れたのは、三重県桑名市の観光名所である「七里の渡し」。七里の渡しとは、東海道五十三次の41番目の宿場である宮宿(現:愛知県名古屋市熱田区)から桑名宿(三重県桑名市)までの海路のことで、かつての官道です。

信号機が違う方向を向いていたり、地元で有名なラーメン屋の大型看板が倒れていたりと、過去に例をみないほどの超大型台風「台風21号」の被害を未だに目にします。大阪に比べて被害は少ないものの、その勢力のすごさが伝わってきます。今日の天気は曇りでしたが、心地よい風が吹いていたので子供たちと出かけることにしました。

この七里の渡しからは、世界の遊園地トップ20にもランクインしている「ナガシマスパーランド」が見えます。ということで、当然のようにウチの子供たちは「遊園地に行きた~い!」とさえずりはじめます。しかし、ジェットコースターが嫌いなママの反対に、しぶしぶあきらめる子供たち。ディズニーやUSJのようなテーマパークなら行きたいのですが、ジェットコースターがメインの遊園地は、私もあまり好きではありません。恐怖心が無いのか、ジェットコースターに乗ると風で目が乾くだけで”スリリング”・”楽しい”という感情が全くわきません。あと、並ぶのが疲れる。今でこそスマホがあるから待ち時間は苦になりませんが、立ちっぱなしは腰が痛い・・・。というわけで、我が家はテーマパーク、水族館、動物園は行っても遊園地はあまり行きません。まあ、鈴鹿サーキットのようにゴーカートなどがメインなら別ですが。

七里の渡し

一丁前に、大人びた格好をする桜ちゃん。「遊園地に行きたい~!」と駄々をこねた後のワンショット。

七里の渡し

ここが「七里の渡」のメイン。観光サイトや旅行本を見てもこの写真は必ず掲載されています。ただ、あいにくの天気ということで、太陽が輝く美しい写真を撮ることができませんでした。機会があれば、天気の良い日にもう一度訪れたいですね。

七里の渡し