2021.2.10 17:45まで営業している鷲ヶ岳スキー場でスノーボード

本日は 24 時間勤務明けのパパ。高鷲スノーパークでハーフパイプの練習をしたかったのですが、到着時刻

が13:30。ハーフパイプのクローズ時間が 14:00 で、高鷲スノーパークのクローズ時間が 16:30。練習時間が少ないということで、17:45 までリフトが運行している鷲ヶ岳スキー場へ行くことに決定。

鷲ヶ岳スキー場は高鷲スノーパークと違って急斜面を通ってパークへ行けるので、ターンの練習にも最適。

滑りとパークの練習が両立できるのが良いですね。

午後からのパークということもあり、キッカーが少し崩れ気味。特にランディング地点がえぐれているキッカーもあり。コース脇にショベルでも置いてあれば、パパが桜ちゃんのために一生懸命直すんだけど。

今日の鷲ヶ岳スキー場は、平日というだけでなく人が少なく感じます。特に上級者。去年の今頃なら、上級

スノーボーダーたちがビッグキッカーをガンガン飛んでいたような。まあ、おかげさまでパーク内で追突しそうな危険は全くないので安心でしたが。

欲を言えば、キッカーだけでなくバンクかクウォーターパイプも作ってほしいですね。高鷲のような自然な壁がほとんど無いので、ハーフパイプの練習が全くできません。